メニューの開閉

特集・企画

いただきます! ㊱b.e.park

  • レストラン

小田急小田原線祖師ケ谷大蔵駅北口を出て商店街を歩くこと約2分。閑静な住宅街に緑色のパラソルが印象的なテラス席が現れる。店内に入ると、木の梁(はり)からつるされた観葉植物とソファ席が安らぎを醸し出している。

b.e.parkは、1階がブックカフェ&ダイニング、2、3階がシェアハウス専用区画。「緑豊かなまちの公園」をイメージした1階では、スパイス料理と自家製カクテルを味わいながら、店内の本棚に置かれた本を自由に楽しめる。

看板メニューのスパイスカレーは4種類全て990円。味玉や角煮をトッピングして自分好みにカスタマイズできる。一番人気はスパイスキーマカレーだが、今回は店長の堀内豪さん(30)がおすすめするチキンビンダルーカレーを注文した。

まず目に飛び込んできたのは、鮮やかなターメリック色に染まったご飯と青いお皿のコントラスト。ご飯に振りかけられたスパイス「カスリメティ」のほんのりと甘く香ばしい匂いが食欲をかきたてる。自家製のルーは、日本人の舌に合わせて辛さは控えめに。かむほどに広がるマスタードシードの爽やかさが心地よい。

中でも絶品は、お酢に漬け込んで2日間寝かせた鳥もも肉。ほろほろと崩れる柔らかさで、スパイスカレーの中で最も手間がかかるという。しょうゆベースの福神漬けとナンプラーの入ったなますは「ルーの風味に飽きることなく最後まで楽しんでほしい」という堀内さんの心遣いが感じられる。

もともと趣味で5年ほどカレー作りをしていた堀内さんは、偶然見つけた求人に申し込み、ことしの3月から店長に。新メニューの開発や、スパイスの配合改良に取り組んできた。堀内さんは「いろんな人がラフに集える場所にしたい」と人懐っこい笑顔を浮かべた。

今回、堀内さんの提案で来店時に本紙10月号を提示すると、「クラフトコーラ」か「クラフトジンジャエール」を無料で提供してもらえる。このサービスはことし中の期間限定。スパイスカレーの刺激と堀内さんの優しさで、身も心も温まること間違いなしだ。 (緒)

お店外観

東京都世田谷区祖師谷3―31―3
(小田急小田原線「祖師ケ谷大蔵駅」徒歩2分)
午前11時半~午後2時、午後5時半~午後9時半
月曜定休
☎070-4230-1339
b.e.park (ビーパーク)

合わせて読みたい

特集・企画

本紙単独就任直前インタビュー ~次期理事長、林真理子氏~ 「新生日大」は学生参加で 強みは「人脈」と「人間力」

作家で初の女性理事長として本学に新風をもたらすことが期待される一方、経営経験がないなどの不安も指摘される林真理子氏。本紙は就任直前の林氏に単独インタビューし、改革への意気込みと学生への熱いメッセージを聞いた。 ・・・・・ […]

特集・企画

新役員体制が始動  林理事長含め女性理事9人  大規模調査委で諸問題精査

理事長に作家の林真理子氏(68歳、1976年芸術卒)、第15代学長に酒井健夫氏(79歳、66年農獣医(現生物資源科)卒)をトップに据える「新生日大」の役員体制が7月1日付でスタートした。 新体制は同月15日付の追加選任も […]

特集・企画

いただきます! ㉕中華 成光

東京メトロ神保町駅A1出口から徒歩1分。高層ビルが立ち並ぶオフィス街の一角に「中華成光(なりみつ)」がたたずむ。これぞ昭和の町中華といった趣だ。 店内の壁にはびっしりメニューが貼られていて、入り口近くの本箱には、お約束の […]

特集・企画

学生記者発 スコープ 3年間の成果出す

  正月早々、箱根駅伝が行われた。日本大学新聞社に入社し、選手たちを取材し始めて3回目の「箱根」だ。本学は念願のVこそ成らなかったものの、2区での20人抜きや、10区ラスト500メートルでの競り合いなど、手に汗握る素晴ら […]