メニューの開閉

特集・企画

よりみち日和 ㉝文京ふるさと歴史館

東京メトロ本郷三丁目駅から徒歩5分。閑静な住宅街にたたずむ「文京ふるさと歴史館」。文京区の文化財や歴史を知りたいとの要望を反映し、1991年4月に開館した。
一階は「出会いの場」をテーマに、区の歴史を学べる。江戸時代に文京区が火元となった説もある「明暦の大火」の展示パネルや、明治時代の町火消が使用した竜吐水(りゅうどすい)、刺子(さしこ)はんてんなどが展示されている。
二階は文京区の「まち、くらし、文化」がテーマ。江戸時代以降の生活や、文京区の名前の由来「文化と教育を意味する文教が語源」など、まち、くらし、文化の視点から文京区を理解できる。
記者のおすすめは「やっちゃば」の再現模型。「やっちゃば」とは、現在の青果市場のこと。本駒込駅付近にあった駒込土物店ともいわれ、江戸の三大市場に数えられる。模型は実物の30分の1の大きさだが、多くの人形が配置され、当時の賑わいを実感できる。
館内には「ミニ企画コーナー」が開設され、3カ月ごとに展示テーマが変更。9月28日から12月25日まで「樋口一葉、奇蹟の舞台~丸山福山町四番地~」がスタート。ことし生誕150周年を迎えた一葉が住んだ文京区内の土地と、そこにゆかりのある文化人を紹介している。
また、特別展は10月29日から12月11日まで開催される。テーマは「小石川植物園異聞 白山御殿跡いま・むかし」。文京区白山にあり、国の名勝で史跡指定10周年を迎えた東京大学大学院理学系研究科付属植物園(通称・小石川植物園)にまつわる歴史や文化を紹介する。

同歴史館は文化財や歴史に接することができる施設。浅野美紀室長(53)は「文京区への関心を深めるきっかけにしてほしい」と語った。
入館料も100円と気軽に立ち寄れる値段だ。さらに文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木)との相互割引もあり、同記念館の入場券の半券を見せれば同歴史館に70円で入館できる。

 東京都文京区本郷4―9―29 (東京メトロ「本郷三丁目駅」徒歩5分) 

午前10時~午後5時 毎週月曜、第4火曜定休(祝日の場合は開館し翌日休館)、入館料100円(中学生以下及び65歳以上無料)11月3日は無料 

☎03―3818―7221 

詳細は文京ふるさと歴史館HP

合わせて読みたい

特集・企画

新生日大に望む学生の声  教学優先、情報開示を

目前に迫った「林・酒井新執行部体制」発足について、学生はどう捉え、何を思うのか。また、今後刷新されていく本学に何を望んでいるのか。複数の学部のキャンパスで学生の声を聞いた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ […]

特集・企画

いただきます! ㉞房総式ラーメン人力船

「食べて応援しよう!大久保・実籾ラーメンスタンプラリー2022」が9月30日まで、京成本線「京成大久保駅」と「実籾駅」周辺のラーメン店で開催されている。  生産工学部の豊谷純ゼミが、ホームページの制作やTwitterなど […]

特集・企画

よりみち日和 ㉙JICA地球ひろば

JR中央・総武線「市ケ谷駅」から程近い「JICA地球ひろば」を訪ねた。 「JICA(国際協力機構)」は外務省の外部団体で、開発途上国への「政府開発援助(ODA)」のうち2国間援助に特化して包括的に実施する機関だ。「JIC […]

特集・企画

いただきます! ㉜あぶら~亭

京王線の桜上水駅北口を出て徒歩2分。駅前の商店街を抜けて右に曲がると油そば店「あぶら~亭」の真っ赤な看板が目を引く。足を踏み入れると「いらっしゃいませ」と威勢のよい声が出迎えてくれる。 1番人気のメニューは「あぶら~麺」 […]