メニューの開閉

特集・企画

いただきます! ㉔ブーランジェリー クー

千葉県松戸市の人気店でパン作りの修業を積んだ中島知美さん(35)が修業先で出会った夫の直人さん(47)と2009年に開業した。パンをはじめ常時、約100種類の商品が並ぶ。日替わりや週替わり、季節限定のものまで含めるとメニューは150にも上る。目指すのは「パンのよろずや」だ。
お勧めは「クリームパン」(210円)。パン生地の倍量の90グラムのカスタードを詰めて焼き上げる。隙間なく詰まったクリームがかむとあふれ出る。バニラビーンズをたっぷり使った香り豊かな自家製のカスタードクリームは、毎朝4時から準備する。「かいでも美味しい、食べても美味しい」と知美さん。
サンドイッチ類も豊富だ。知美さんのアイデアのほか客や従業員の要望を基に毎月新商品を出し、約30種類が店頭に並ぶ。最近の人気はベトナム式サンド、バインミー。「えびとパクチーのバインミー」(380円)など3種あって、各種1日6個限定だ。
知美さんは「メニューを考えるのは大変だが、お客さんの喜ぶ顔が見たい。ぜひお気に入りを見つけに来て」と話している。 (大)

クリームパン(210円)

(外観)

アクセス 千葉県船橋市坪井東2-14-27(東葉高速鉄道「船橋日大前駅」徒歩5分)

営業時間 午前7時~午後4時(売り切れ次第閉店)火、水曜定休

☎047―497―8340

合わせて読みたい

特集・企画

時間(トキ)の人 石井洋子さん

 本学大学院国際関係研究科で、最高齢の76歳で博士号を取得した。歳を重ね、勉学の意欲は強まるばかり。論文を本にして出版するという次の目標に向け、ひた走る。  

特集・企画

加藤直人理事長・学長に聞く 「改革」葛藤と困難 「同質性」の払拭が課題に

昨年の田中英寿前理事長の逮捕・辞任以降、理事長職と学長職を兼任して新しい日本大学へ向けた改革を進めてきた加藤直人理事長・学長。6月末の退任を目前に、改革を先導して見えてきた困難さ、7月からの新執行部に期待することなどを聞 […]

特集・企画

学生記者発 スコープ ライブで生まれる一体感

 ライブが好きだ。洋楽に夢中だった中学生のころからライブに行くようになった。歌手の歌声を聴き、リズムに乗って腕を振れば観客と歌手は一体になれる。日々の煩わしさを忘れることができる。その瞬間が最高に楽しい。

特集・企画

時間(トキ)の人 佐藤輝勝さん

 付属藤沢高のサッカー部監督として同校を初の全国ベスト4へと導いた。結果よりもサッカーを通じた人間的な成長を重視し、礼儀、思いやりを第一とする指導法で見事歴史を塗り替えた。