メニューの開閉

特集・企画

いただきます! ㉒つけそば 神田勝本

東京メトロ神保町駅A5出口を出て、白山通りに沿って東に歩くこと約4分。白壁に木の引き戸、白地に黒い文字で「つけそば 神田勝本」と書かれたシンプルなのれんの店が見えてくる。
一番人気は「清湯(しょうゆ)つけそば」(880円)。つけそばと言えば、どろっとしたスープと太麺を想像する人が多いと思うが、ここは違う。琥珀(こはく)色のしょうゆベースのスープに麺を一本一本丁寧に折りたたんで丼に盛られた細と平打ちの2種盛だ。いずれも中華麺なのだが、どことなく和の趣を感じる。細麺は食べ応えがあり、平打ち麺は喉越しが良い。いずれもスープとよく絡んで箸が止まらない。280㌘の並盛りをあっという間に食べ終わった。
4種類の煮干しとサバ節、名古屋コーチンなどでダシをとった澄んだスープに、フランス産の豚をあぶった焼豚と千寿葱(せんじゅねぎ)、メンマ、ナルトが入る。添えられたユズとミツバの香りが食欲をそそる。麺は、製麺会社「浅草開花楼」と相談の末、「スープに合う」細と平打ちの2種盛りとしたという。
麺を食べ終えたら、スープ割り(無料)をいただく。追いスープにミツバとスダチが添えられると、酸味が生きる冷感のある食後のスープに一変する。胃もたれすることなく午後の仕事や授業に取り組めるに違いない。
開店の午前11時から、午後3時すぎまで行列の絶えない人気もうなずける。
同店は、JR水道橋駅西口近くの「中華そば 勝本」の2号店として2016年にオープンした。このほかに中華そば店が都内に2店舗ある。
「学生さんもオンライン授業など大変な思いをしてると思うが、ぜひつけそばを食べて頑張ってほしい」と店長の野呂田彰さん(45)。緊急事態宣言明けの1杯目は「つけそば 神田勝本」で決まりだ。 (柿)

 

アクセス 東京都千代田区神田猿楽町1―2―4(東京メトロ半蔵門線「神保町駅」徒歩4分)

営業時間 午前11時~午後5時 日曜定休

☎03―5281―6801

合わせて読みたい

特集・企画

次期理事長に林真理子氏 学長は酒井健夫氏  新執行部が7月から始動

「新生日大」が始動する―。作家の林真理子氏(68歳、1976年芸術学部文芸学科卒)が理事長選考委員会により次期理事長候補者に推薦され6月3日の理事会で決定した。また、元総長の酒井健夫氏(78歳、66年農獣医(現生物資源科 […]

特集・企画

卒業生メッセージ フリーアナウンサー 山本菜月さん

プロ野球球団・読売巨人軍が2020年12月、東京ドームなどでの主催試合で場内アナウンスを担当する「ウグイス嬢」を42年ぶりに募集した。応募総数794人、倍率およそ265倍の中からその座をつかんだフリーアナウンサーの山本菜 […]

特集・企画

時間の人 早田 卓次教授

 逆立ちをするのが大好きな少年だった。漁師の父親とともに魚網を引いているうちに体が鍛えられた。本学卒業後に東京五輪の体操のつり輪で金メダルを獲得。体操競技に携わった54年間を通して「努力は裏切らない」ことを学んだ。現役を […]

特集・企画

日大サークル紹介~コロナを超えて~

吹奏楽研究会 音楽の魅力感じられる場 創部67年の吹奏楽研究会には法、文理、経済、芸術、理工、生産工、生物資源科の7学部と通信教育部の28人が在籍している。 昨年のコロナ禍の中でも、音楽の楽しさを忘れないようZoomを使 […]