メニューの開閉

学部・大学院

工 学部生13人が講師役務め 災害への備え学ぶ

 東日本大震災から6年半の節目となる9月11日、新潟市内で「防災学習会」が催された。学習会には新潟で防災を学ぶ学生や研究者ら約60人が参加。工学部建築研究会(後藤寛尚代表=建築3)のメンバー13人が講師役を務め、地震や豪雨など災害への備えの大切さを訴えた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 建築学会賞と教育賞 内村講師と泉教授が受賞

 生産工学部の内村綾乃講師(建築設計意匠、1990年同学部卒)が日本女子大学の篠原聡子教授と共同で設計したシェアハウスが、日本建築学会賞(作品部門)を受賞。

学部・大学院

国際関係 反射炉でシンポ 学生ら120人聴講

 静岡県伊豆の国市の「韮山反射炉」の世界文化遺産登録1周年を記念し、国際関係学部国際関係研究所(所長=吉本隆昭教授)は7月2日、学部本校舎で「世界遺産 韮山反射炉と幕末日本」と題したシンポジウムを開催した。

学部・大学院

横浜学生映画祭 朴さんの「東京アリラン」上映 在日の思いと重ねる

 11月28日から30日まで、横浜市の開港記念会館で開催された横浜学生映画祭で朴美和(パク・ミファ)さん(2008年芸術卒)が監督を務めた「東京アリラン」が上映された。同映画祭はNPO法人横浜アートプロジェクトの主催で今 […]

学部・大学院

文理 落語研究会 「らくごまつり」に参加 漫才のラインズに「色物賞」

 落語芸術協会主催のファン感謝祭「芸協らくごまつり」が10月18日に東京都新宿区の芸能花伝舎で開催され「大学対抗落研トライアスロン」というイベントに文理学部落語研究会(今村義一会長=地理3)のメンバー2人が参加した。