メニューの開閉

学部・大学院

ライオン学術賞 小林教授が受賞 「島皮質」を研究

 歯学部の小林真之教授(薬理学)の研究テーマ「島皮質における口腔顔面感覚の制御機構の解明」にこのほど、歯科基礎医学会からライオン学術賞が授与された。歯科基礎医学分野において、国際レベルの卓越した研究成果を挙げ、歯科医学の発展・進歩に多大に寄与した学会員に贈られる。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

ライフセービング全日本 井口男子2種目制覇 オーシャンマンは初優勝

 ライフセービングの全日本選手権が10月10、11の両日、神奈川県の片瀬西浜海岸で開催され、井口明彦(経済・産業経営4)が男子サーフレースとオーシャンマンで優勝した。男子サーフレースは連覇、オーシャンマンは初の優勝となっ […]

学部・大学院

鳥人間コンテスト 理工出場予定も 荒天のため中止

 理工学部の航空研究会(中村圭佑主将=航空宇宙工3)と生産工学部の津田沼航空研究会(鈴木健志主将=機械工3)が、7月26、27日に琵琶湖畔(滋賀県彦根市)で行われた鳥人間コンテスト(読売テレビ主催)に出場した。

学部・大学院

生物資源科 海外研修でガーナへ 農村で農業体験など行う

 生物資源科学部国際地域開発学科の1、2年生8人と教員3人が2月20日から3月6日まで、ガーナで海外研修を行った。ガーナでの研修は2005年に続き2回目。

学部・大学院

商 宮本賞 中国ロボット産業の研究で 高久保ゼミ生特別賞

 商学部の高久保豊教授(中国経営論)ゼミナールの研究チーム「チームロボ研」(結城里菜代表=商業4)の論文がこのほど、日中関係学会主催の学生懸賞論文「宮本賞」の特別賞を受賞した。表彰式は3月16日に行われた。日中関係に関す […]