フィンスイミング 日本選手権 渕上が400㍍で3位 世界選手権出場ならず      

学部・大学院

2016.5.26 21:24

 フィンスイミングの日本選手権が5月4、5の両日、横浜市の横浜国際プールで行われ、渕上早紀(文理・社会2)がサーフィスの女子400㍍で3位、同200㍍で6位に入った。


 サーフィスはスタートとターン時を除き、体の一部が水面から出ていなければならない種目。
 日本選手権は6月にギリシャのヴォロスで行われる世界選手権の選考会も兼ねており、派遣記録を切って2位以内に入れば出場権を獲得できる。
 渕上は得意の400㍍の出場を狙ったが序盤で出遅れ、タイムも3分52秒18で派遣記録に届かなかった。
 渕上は同時期ヴォロスで行われる世界学生選手権ではサーフィスの200㍍、400㍍、400㍍リレーに出場する。
 渕上は「自己ベストも更新できず、悔しい。世界学生選手権に向けて気持ちを切り替えたい」と話した。