法学部長が一日消防署長 防災訓練に70人

学部・大学院

2016.3.25 20:56

 法学部は3月1日、春の火災予防運動の一環として神田消防署と消防演習を実施し、池村正道学部長が一日消防署長を務めた。


 演習に参加したのは、同学部の職員と警備員で構成された自衛消防隊、神田消防団、神田消防署員と学生の計約70人。地震によって3号館に火災が発生したとの想定で、避難誘導や消火活動訓練を実施した。
 神田消防署員から訓練について説明を受けた池村学部長は、一斉放水の号令を掛けたほか、はしご車で約30㍍の高さまで上るなどした。訓練終了後、同学部長は「隊員の機敏な動きに驚いた。防災訓練の大切さをあらためて実感した」と話した。
 消防.jpg
       はしご車訓練を体験する池村学部長(左端)