競技ダンス 全日本学生 岩瀬、中島組が準V ダイナミックな踊りを披露

学部・大学院

2016.1.29 20:58

 競技ダンスの全日本学生選手権(冬の全国大会)が昨年12月13日に埼玉県草加市の独協大で行われ、競技ダンス部(長浜将平主将=文理・地球システム科4)の岩瀬凜太郎(経済・経済4)、中島由貴(文理・中国語中国文化4)組がパソドブレで2位に入った。


 岩瀬、中島組は1、2次予選を順当に勝ち上がり準決勝へ進出。準決勝では6組が同点で並んだため「同点決戦」となったが、3番目の得点でファイナルへと勝ち上がった。6組による決勝では、リーチを生かしたダイナミックな踊りを見せたが、頂点に一歩届かなかった。
「日本一」目標に ◇…岩瀬、中島ペアの船出は最悪だった。2年生でペアを結成したが、入部した動機も違えば、練習への姿勢も異なり、半年以上口をきかなかった。(・・・続きは本紙1・2月合併号へ)
     競技ダンス.jpg
ファイナルで岩瀬、中島組はリーチを生かしたダンスを見せた