メニューの開閉

学部・大学院

国際関係 初の学生FDを開く 「英語デー」設ける提案も

 学生が主体となって学びの質の向上を目指す学生FD活動への取り組みが国際関係学部でも始まった。 

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

日藝賞 森田公一さんが記念講演 曲作りの理念語る 「大いに迷い、大いに悩め」

 第7回日藝賞を受賞した作曲家の森田公一さん(73歳、1959年音楽学科入学)が7月8日、芸術学部江古田校舎で記念講演を行った。

学部・大学院

芸術 しりあがりさん、稲葉教授 春の紫綬褒章受章

 春の褒章の受章者が4月28日に発表され、芸術学部関係者では、漫画家で同学部講師を務めるしりあがり寿さん(本名・望月寿城、56歳)と小説家でもある稲葉真弓教授(64歳)が紫綬褒章を受章した。

学部・大学院

国際関係ミス富士コン 留学経験などをアピール 後藤さん「ミス富士山」

 国際関係学部国際教養学科3年生の後藤一美さんがこのほど、第29回ミス富士山コンテスト(富士山お山開き実行委員会主催)で準優勝に相当する「ミス富士山」に輝いた。

学部・大学院

医 遺伝子診療学会 理事長に中山教授

医学部の中山智祥教授(臨床検査医学)が4月1日付で日本遺伝子診療学会の理事長に就任した。 同学会は遺伝子関連技術の臨床応用および遺伝子診療の推進と発展などを目的として1994年に設立された。 95年に入会した中山教授は学 […]