歯科学生体育大会 松戸歯が総合V 歯も2位に入る

学部・大学院

2015.9.24 14:51

 第47回全日本歯科学生総合体育大会の夏期部門が7月から8月にかけて全国各地で開かれた。


 昨年12月からことし3月までの冬期部門の成績と合わせ、本学松戸歯学部が11年ぶりに総合優勝を果たした。本学歯学部も準優勝し、本学のワンツーフィニッシュとなった。
 大会は歯学部のある全国29校が出場し、両期にわたって26競技で争われた。
 松戸歯学部は22競技に出場し、夏期は日本拳法と剣道の2競技で優勝。冬期はラグビーで優勝した。