キックボクシング 篠原判定勝ち 念願の2勝目

学部・大学院

2015.3.31 13:29

 キックボクシングの大学交流戦が2月22日、横浜市の国学院大学たまプラーザキャンパスで行われた。


 本学は3人が出場し、フェザー級の篠原輝耀(法・政治経済2)が3―0で判定勝ち、フライ級の山下直輝(経済・経済1)とライト級の井上修一(同2)が0―3で判定負けだった。
 篠原は開始直後から積極的に攻撃。ガードを固めて相手の攻撃を寄せ付けず、終始自分のペースで試合を進めた。
 篠原は「念願の2勝目を挙げることができた。次はコンビネーションを意識した攻撃ができるようにしたい」と話した。