メニューの開閉

学部・大学院

小中学生28人が体験 ハンドボールなど3競技

 東京都杉並区の小中学生28人が1月18日、本学八幡山総合体育館を訪れ、保健体育審議会運動部の学生の指導の下、ハンドボール、フェンシング、チアリーディングの3競技についての理解を深めた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

将棋秋季個人戦 粘りの指し手で連覇 相良、学生十傑戦出場へ

 将棋の関東学生秋季個人戦が9月18日から10月2日まで東京都内の3会場で開かれ、相良剛史(商・会計4)が連覇を達成した。相良は12月に三重県四日市市で開催される学生王将を決定する学生十傑戦への出場を決めた。

学部・大学院

2014年度予算 2716億円を承認 前年度比139・5億円増

 2014年度予算が3月14日の評議員会、20日の臨時理事会を経て決定した。資金収支予算は前年度比139億5000万円増の2716億円で承認された。

学部・大学院

文理 産官学連携で共同研究へ RINGSを設立

文理学部次世代社会研究センター(RINGS)が昨年12月1日に設立され、大沢正彦同学部助教(情報科学)がセンター長に就任した。 企業、自治体、大学の「産官学」によるコミュニティー形成を通じて3者が連携を深め、大沢センター […]

学部・大学院

2011年入試 「N方式」を新設 同一の日程、問題で 法、経済、商学部で実施

 本学は2011年度入試から、同一日に同じ問題の試験を複数会場で行う「N方式」入試を初めて実施することを決めた。初年度は法(第一部)、経済、商の3学部での導入となる。酒井健夫総長が2年前の就任時に掲げた統一日程試験導入が […]