ライフセービング 全日本学生プール男子2位 宇治川が個人種目V

学部・大学院

2015.2.3 11:00

 ライフセービングの全日本学生プール競技選手権が昨年12月6、7日に浜松市総合水泳場で開かれた。


 本学サーフライフセービングクラブ(斎田流星主将=文理・体育3)は男子団体で2位となり連覇を逃した。女子団体は4位だった。
 個人種目では宇治川仁人(商・会計3)が男子100㍍マネキントウ・ウィズフィンを57秒74の大会新記録で制した。
 宇治川の話 前大会はマネキンのピックアップに失敗して優勝を逃してしまった。雪辱できて本当にうれしい。目標の56秒台になるよう精進したい。
 【本学勢の結果】
 ▽男子200㍍障害物スイム ②荒生拓人(文理・体育2) ▽同100㍍マネキントウ・ウィズフィン ③山口渓(同・英文1) ▽同100㍍レスキューメドレー ③田家友也(同・体育4) ▽同4×50㍍障害物リレー ③本学 ▽同4×25㍍マネキンリレー ②本学 ▽同特別種目メドレーリレー ③本学 ▽同4×50㍍メドレーリレー ②本学 ▽女子100㍍マネキンキャリー・ウィズフィン ②柿沢明日香(同・ドイツ文2) ▽同特別種目メドレーリレー ③本学