メニューの開閉

学部・大学院

理工 戦後の代表建築物の一つに 佐藤教授の作品選定

 戦後日本の代表建築物展「ジャパン・アーキテクツ1945―2010」に理工学部の佐藤光彦教授(建築設計)が設計した「熊本駅西口駅前広場」が選定された。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 本田技研竹中さん講演 ASIMO開発秘話を披露

 ヒューマノイドロボットASIMOの開発に携わった本田技術研究所基礎技術研究センター主席研究員の竹中透さんの特別講演会が6月30日に生産工学部津田沼校舎で行われ、竹中さんは学生らを前にASIMO開発までの秘話を映像やスラ […]

学部・大学院

人文科学研 公開講演会 専門家招き開催 日本語教育の可能性説く

 人文科学研究所(所長=上保国良教授)の公開講演会が11月12日、文理学部図書館のオーバル・ホールで催され、同学部のOBで日本語教育家の笈川幸司さん(45歳、1994年教育学科卒)が「日本語教育の可能性」と題し講演した。

学部・大学院

生物資源科 ウナギの総括シンポ 塚本教授らが活動振り返る

 生物資源科学部は昨年12月19日、同学部本館で「うなぎプラネット国内シンポジウム」を開催した。

学部・大学院

能研 第45回桜門能を開催 5大学との合同自演会も

 能楽研究会(木下夕以会長=法・法律2)は昨年11月23日、東京都渋谷区の梅若万三郎家能舞台で第45回桜門能を開催。「鶴亀」「嵐山」「竹生島」など14演目を披露した。賛助出演したOBらは「経正(つねまさ)」などを舞った。