グライダー 好機を生かせず 個人、団体2位

学部・大学院

2014.9.30 15:02

 グライダーの原田覚一郎杯が8月9日から17日まで、埼玉県熊谷市の妻沼(めぬま)滑空場で6大学9チームが参加して開かれた。


 本学はAチームが団体戦で準優勝。個人では主将の大塚雄太(理工・航空宇宙工4)が2位、畠田康司(同)が4位に入った。
 約24㌔のコースの周回数と滑空時間を争う競技だが、今回は台風の影響で滑空できたのは3日間。大塚は「少ないチャンスを生かせなかった。関東大会でこの経験を生かしたい」と話した。