メニューの開閉

学部・大学院

工 次世代電動カーを出展 高齢者の安全確保を重視

 工学部機械工学科の西本哲也教授(自動車安全工学)が中心となって発足した福島県の産学官研究チームが開発した高齢者向け次世代電動カー「安全安心パーソナルモビリティ」が、11月下旬に東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれた自動車の祭典「東京モーターショー」に出展され、注目を浴びた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 久保田教授ら合金開発 骨の成分とチタンを混合

 生産工学部の久保田正広教授(機械材料)らはこのほど、人の骨の主成分であるハイドロキシアパタイト(HAp)とチタンの合金を開発した。高硬度で人体になじみやすく、人工関節などへの応用が見込める。

学部・大学院

生物資源科 農村サミット開催 全国12市町村の代表が出席

 生物資源科学部は10月25、26日に、農村漁村の振興を目的とした全国農村サミットを同学部大講堂で開催した。福島県飯館村の菅野典雄村長や鹿児島県日置市の宮路高光市長など12の市町村の代表が出席した。

学部・大学院

芸術 デザイン学科の5人が制作 「復興アート」1面に

芸術学部デザイン学科4年生の古瀬愛さん、今任綾花さん、江藤優衣さん、小山瑛司さん、小田将太郎さんが東日本大震災の復興に向けて制作したアート作品「希望の家~津波てんでんこと6千人の復興~」が3月11日付の岩手県の地方紙「岩 […]

学部・大学院

国際関係 風景写真45点を展示 昭和30年ごろの伊豆半島

 ガラス乾板で撮影された伊豆半島の風景写真45点を展示する「昭和30年頃の伊豆 箱根」が11月2日から12月1日まで国際関係学部北口校舎1階で開催されている。