メニューの開閉

学部・大学院

グライダー原田杯 2年ぶりの団体V 鈴木が最優秀選手賞に輝く

 グライダーの原田覚一郎杯が8月11日から18日まで埼玉県熊谷市の妻沼(めぬま)滑空場で開かれ、6大学9チームが出場した。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

通信教育夏期スクーリング 通教生の夏始まる 全136講座を遠隔で実施

新型コロナウイルス感染症の急激な拡大で首都圏などに緊急事態宣言が出される中、通信教育部の夏期スクーリングが始まった。 コロナ禍1年目の昨年は一部対面の講座も開かれたが、ことしはオンデマンド配信とZoomを用いたオンライン […]

学部・大学院

国際関係女子硬式野球部 たった1人の部に10人入部 「やっと試合できる」      

 部員1人に監督1人で昨年発足した国際関係学部女子硬式野球部にこの春、新入生10人が入部することになった。

学部・大学院

芸術 舟橋聖一顕彰青年文学賞 最優秀賞に額賀さん

 芸術学部文芸学科4年生額賀澪さん(21)の小説「俺とマッ缶の行方」がこのほど、舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞を受賞した。

学部・大学院

ライフセービング 全日本学生プール 男子が2年ぶり総合V 個人4種目、宇治川ら制す

 ライフセービングの全日本学生プール競技選手権が11月14、15の両日に千葉県習志野市の国際総合水泳場で行われ、本学サーフライフセービングクラブ(浜賢周主将=文理・体育3)が男子団体で2年ぶりの総合優勝を果たした。