メニューの開閉

学部・大学院

生物資源科 春見教授に日本農学賞 糖質素材の大量生産可能に

 日本農学会主催の第84回日本農学大会が4月5日に東京都文京区の東京大学で行われ、生物資源科学部の春見(かすみ)隆文教授(微生物酵素科学)が日本農学賞と読売農学賞を受賞した。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生物資源科 北海道に白いヒグマ 学部研究グループが撮影

 生物資源科学部の研究グループ(代表・井上公基教授=森林利用学)が、北海道南西部の八雲町にある同学部演習林で白毛のヒグマの撮影に成功した。設置していた熱感知カメラが2016年9月から18年7月にかけて計6回、白いヒグマの […]

学部・大学院

学祖の生涯たどる 生誕170年、萩で特別展へ

 本学の学祖、山田顕義の生誕170周年記念の特別展「山田顕義と近代日本」が4月19日から6月22日まで、生誕地の山口県萩市の萩博物館で開催される。

学部・大学院

大学院理工学研究科 ナノ研究の成果を発表

 大学院理工学研究科は6月4日、駿河台校舎1号館CSTホールで「ナノサイエンス研究プロジェクト」のプレポスターセッションで10件の研究成果を発表した。  

学部・大学院

バレーボール同好会リーグ 則岡、吉岡を中心に攻め 理工・短大が関東V

バレーボールの関東大学同好会リーグ春季大会が5月17日から31日まで東京都千代田区の法政大学富士見坂キャンパス体育館などで55大学143チームが参加して行われ、本学理工学部の日大理工・短大バレーボール(土屋俊晃部長=精密 […]