ラクロス 関東学生リーグ 入れ替え戦で東海大を圧倒 2年ぶり1部復帰

学部・大学院

2012.11.29 15:05

 女子ラクロス部(寺田里菜主将=文理・体育4)は10月28日、東京都品川区の大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場で行われた関東学生リーグ1部・2部入れ替え戦で東海大を11-7で破り、2年ぶりに1部に復帰した。


 東海大は全日本ラクロス大学選手権の初代チャンピオン(2009年)に就いたチーム。本学は開始5分に3点を先取しゲームの主導権を握った。さらにゴーリー薄葉瑞紀(生物資源科・国際地域開発3)が4回にわたって東海大のシュートをクリアするなど守備面でも集中力を発揮、前半を7-2で折り返した。
 後半は開始5分にゲームキャプテン伊丹千晶(商・商業4)が得点。その後も着実に追加点を挙げ、追いすがる東海大を突き放した。伊丹は「悔しかった分、喜びは大きい」と話した。
悔しさばねに ◇…入れ替え戦に勝った余韻が残る中、グラウンド横の広場に整列した約80人の部員が、応援に駆けつけた父兄やOGに深々と頭を下げた。部員の多くが泣いていた。(…続きは本紙11月号へ)
ラクロスP.jpg
  伊丹(左)は敵陣に切り込んで得点を重ねた