国際関係 風景写真45点を展示 昭和30年ごろの伊豆半島

学部・大学院

2012.11.26 14:39

 ガラス乾板で撮影された伊豆半島の風景写真45点を展示する「昭和30年頃の伊豆 箱根」が11月2日から12月1日まで国際関係学部北口校舎1階で開催されている。


 いずれも伊豆・修善寺出身の写真家上田彦次郎(1901~85年)が昭和20、30年代に撮影。同学部の佐藤三武朗学部長が代表を務める団体が、上田の遺族からガラス乾板を譲り受けたことを機に写真展を開催した。