機械学会が「ロハス」評価 加藤教授らに教育賞

学部・大学院

2012.6.7 21:15

 工学部の加藤康司教授(機械工学)ら5人のグループが推進してきた「ロハス工学」と「ロハスの家」プロジェクトが日本機械学会の教育賞を受賞した。


 2001年からロハス工学の教育を始めた同学部は、09年度に機械工学科のカリキュラムに「ロハス工学Ⅰ・Ⅱ」を新設。加藤教授らが中心となって1、2年生に教えている。
 さらに08年からは「ロハスの家」プロジェクトに着手、昨年11月にロハスの家3号が完成した。
 加藤教授は「長年続けてきたロハス工学の教育が認められて良かった」と話した。