生産工 学生のモノ作り支援 キャンパスに手作りベンチ

学部・大学院

2011.2.16 12:49

 生産工学部の学生約20人が手作りしたベンチ3脚が昨年12月、同学部津田沼キャンパスに設置された。


 この試みはキャンパス整備に関する学生のアイデアを学生課が支援して実現する「学生ものつくりプロジェクト支援」の一環。昨年9月から永野椋さん(機械工3)が中心となって有志を募集し、学生がデザイン・作成した備品で校内を過ごしやすくするため立ち上げられた「キャンパスデザインプロジェクト」が進められ、最初の取り組みとして3人掛けのベンチを製作した。
 ベンチはあと5脚作る予定で、ベンチ脇に設置するごみ箱や学生食堂に設置するサークル活動などの情報掲示板も製作する。
 永野さんは「モノ作りの楽しさが味わえてよかった。プロジェクトで製作した物がこの先も使われればうれしい」と話した。
20110120seisannko.jpg
    手作りベンチを利用する学生