理工 化学の一日体験教室 3分野に分かれ実験楽しむ

学部・大学院

2010.8.6 14:39

 理工学部は7月24日、高校生に化学の楽しさを教える一日体験教室「夢・化学21」を開催した。インターネットの募集などで集まった59人の参加者は材料化学、環境化学、生命化学の3分野に分かれて九つの実験を体験した。


 生命化学分野の医薬品合成実験には11人が参加。薬品を合成して湿布薬の主成分であるサロメチールを作った。この企画の責任者である萩原俊紀准教授(有機合成化学)は「高校ではあまり実験をやらないので良い経験になったと思う」と話した。