メニューの開閉

学部・大学院

ライフセービング全日本種目別 益子が波に乗り3位 サーフレース自己最高順位をマーク

 ライフセービングの全日本種目別選手権が6月5、6の両日、静岡県下田市の白浜大浜海岸で開催され、男子サーフレースでサーフライフセービングクラブ(田中琢登主将=文理・体育3)の益子進一(同・英文4)が同選手権で自己最高の3位に入った。同種目の優勝は本学OBの伊藤俊輔(23歳、2009年文理卒=館山サーフクラブ)だった。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生物資源科 産学フォーラム参加 機能性ソーセージなど出品

神奈川県藤沢市などが共催する「湘南発! 産学交流テクニカルフォーラム」が昨年12月7、8日、藤沢産業センターで開催され、生物資源科学部のほか湘南工科大、文教大、慶応大、横浜国立大の計5大学が参加した。  

学部・大学院

生物資源科 ウナギの総括シンポ 塚本教授らが活動振り返る

 生物資源科学部は昨年12月19日、同学部本館で「うなぎプラネット国内シンポジウム」を開催した。

学部・大学院

生産工 邉研究室の学生が製作 ユニークEV出展

 生産工学部の邉吾一教授(複合材料工学)研究室の学生が、小型の電気自動車(EV)を6月中旬に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた「次世代自動車産業展2011」に出展した。

学部・大学院

文理 武笠文庫の和書並ぶ 和歌に関する書物など展示

 戦前の文部省唱歌「池の鯉」や「案山子(かかし)」などの作詞者として知られる明治、大正期の国文学者武笠三(むかさ・さん、1871|1929)が所蔵していた書物を展示する「武笠文庫の和書|日本文学を中心に」が文理学部資料館 […]