メニューの開閉

学部・大学院

理工 独特の「益川節」披露 学生ら660人詰め掛ける

 2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都産業大学教授が4月24日、理工学部の招きで「現代社会と科学」と題し講演した。会場の駿河台校舎のCSTホールには学生や教職員660人が詰め掛け、ユーモアを交えた独特の「益川節」に耳を傾けた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 衛星画像を駆使 浸水被害の把握に生かす

 生産工学部の西川肇教授(リモートセンシング)らの研究チームはこのほど同学部実籾校舎第2野球場で、衛星画像を駆使して住宅地の浸水被害をどの程度把握できるのかを調べる検証実験を開始した。  

学部・大学院

商 宮本賞 華人系企業の研究で 高久保ゼミ生最優秀賞

 日中関係学会(宮本雄二会長)が主催する学生懸賞論文「宮本賞」の表彰式が1月20日、東京都千代田区の学士会館で行われ、商学部の高久保豊教授(中国経営論)ゼミの共同研究チームの「日中経済交流の次世代構想~華人・華僑の新しい […]

学部・大学院

次期理事長に林真理子氏 学長は酒井健夫氏  新執行部が7月から始動

「新生日大」が始動する―。作家の林真理子氏(68歳、1976年芸術学部文芸学科卒)が理事長選考委員会により次期理事長候補者に推薦され6月3日の理事会で決定した。また、元総長の酒井健夫氏(78歳、66年農獣医(現生物資源科 […]

学部・大学院

芸術 「失敗も必要、世界へ出よう」 山本寛斎さん夢を語る

 本学文理学部に在籍していたデザイナーでプロデューサーの山本寛斎さん(66)の講演会が10月20日、芸術学部江古田校舎で催された。