ヨット 6年ぶり優勝果たす 学生世界選手権へ出場決定

学部・大学院

2010.6.18 15:15

 ヨットのANIORU’SCUP 2010(全日本学生外洋帆走連盟主催)が3月12日から17日まで兵庫県芦屋市の芦屋浜沖で7大学8チームが出場して行われ、理工系ヨット部(菊池優部長=理工・海洋建築工3)が6年ぶりに優勝。10月下旬にフランスで開催される学生世界選手権への出場が決定した。


 今大会は1チーム最大5人で構成。二つのマークを周回するコースと三角に並んだマークを周回するコースの帆走時間を競い、上位4チームが決勝に進出した。
 本学はことし初めて導入された三角コースで風や波を読み切れず苦戦したが、予選は総合2位で通過。決勝で帆の傾斜やかじの取り方を修正し、第1、3レースでは最後の直線で前を行く神戸大を抜き、第2、4レースは序盤からトップを維持した。
 菊池部長の話 欠点を言い合うことで部の結束が強まり、勝利できた。世界大会までにOBからレース技術を学びたい。
yotto.jpg
 レース終盤で神戸大を抜き去る本学