芸術 平凡社の事典に掲載 和久井さんの学部卒業制作

学部・大学院

2010.6.14 21:06

 芸術学部の和久井遥さん(芸術学研究科博士前期課程2)の学部卒業制作「uta」が平凡社の「新版現代デザイン事典2010年版」に収められた。デザインの基礎知識などを掲載する同事典は、デザインを学ぶ学生の必携教材とされる。


 「uta」は、インスタレーションと呼ばれる展示スペース全体を作品とみなすジャンルの作品。幕で覆った真っ暗な空間に1冊の本とスクリーンを配し、スクリーンに次々と記号を投影することで、頭の中で詩が生まれる過程を表現。表現の斬新さが高く評価された。平凡社の担当者らによると、プロの芸術家の作品が大半の同事典に学生の作品が掲載されるのは極めて珍しい。