メニューの開閉

学部・大学院

-工- 本学チーム最優秀賞 安全技術デザインコンペ

 自動車の安全技術を世界で競うESV国際学生安全技術デザインコンペティションの日本決勝大会で、工学部の西本哲也准教授(機械工学)の指導するバイオメカニクス研究室生体班が最優秀賞を受賞した。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

工  教訓生かし水害対策提言へ 強靭化プロ始まる

昨年10月に台風19号による甚大な被害を受けた工学部がこのほど、浸水被害拡大の原因を究明し今後の水害対策を提言する「キャンパス強靭(きょうじん)化プロジェクト」を立ち上げた。3月14日開催予定の中間報告を兼ねた「速報会」 […]

学部・大学院

工 衝突実験用のダミー デザインコンペで最優秀賞

 工学部のバイオメカニクス研究室が開発した、交通事故に伴う腰椎傷害を評価できるダミーが、2018年学生安全技術デザインコンペティション日本大会決勝(ことし3月)で最優秀賞を受賞した。

学部・大学院

商 宮本賞 華人系企業の研究で 高久保ゼミ生最優秀賞

 日中関係学会(宮本雄二会長)が主催する学生懸賞論文「宮本賞」の表彰式が1月20日、東京都千代田区の学士会館で行われ、商学部の高久保豊教授(中国経営論)ゼミの共同研究チームの「日中経済交流の次世代構想~華人・華僑の新しい […]

学部・大学院

生産工 鉄道工学でシンポ 国内初の研究拠点が本学に

 生産工学部生産工学研究所主催のシンポジウム「日本における鉄道システムの現状と将来展開(地方鉄道の活性化と安全性向上を目指して)」が9月13日、同学部津田沼校舎39号館で開催され、教職員、鉄道関係者ら182人が参加した。