女子ラクロス関東学生リーグ Aブロックで3位 攻めの姿勢最後まで貫く

学部・大学院

2009.10.29 19:48

 8月16日に開幕した女子ラクロスの関東学生1部リーグAブロックで、本学女子ラクロス部(宮本亜利紗主将=商・商業4)は創部以来最高の3位となった。


 10月12日に行われた東女体大との最終戦では、境圭奈(生物資源科・食品科学工4)のゴールで先制した後も得点を重ね、前半を6―2で折り返した。後半も3点を加えたが、終盤に相手の猛追で5失点。最後はDF陣が踏ん張り、9―7で逃げ切った。
 宮本主将は「攻める姿勢で試合を運べた」と語り、山形優子ヘッドコーチは「選手には試合前に心の勝負と言った。一人一人が役割をしっかりと果たし、今までで一番いい試合だった」と振り返った。