広告研 3大学合同の研究発表会 初の最優秀賞を受賞

学部・大学院

2009.8.7 14:49

 本学と法政大、早稲田大の広告研究会による第8回合同研究発表会「アドフェス」が7月12日、東京都千代田区の法政大学市ケ谷キャンパスで開催された。本学広告学研究会(木庭裕一郎会長=経済・産業経営3)から5チームが出場し、村上翔太代表(同2)率いるチームが同研究会初の最優秀賞を受賞した。


 イタリアのアパレルメーカー「アルマーニ・エクスチェンジ」の日本代理店プレシディオ・ジャパン社が協賛し、アルマーニのブランドを広め、購買意欲を高める企画の優劣を競った。同社の山路輝高社長が審査委員長を務めた。
 村上さんらはファッションに関心が高い女子大生にターゲットを絞り、「自分を高めるカギ」というコンセプトで販売促進案を提案した。