短大 二つの食感味わえる 「日大食栄みしまコロッケ」

学部・大学院

2009.7.21 18:34

 短期大学部食物栄養学科と専攻科食物栄養専攻の学生が「日大食栄みしまコロッケ」を開発。6月30日の給食経営管理実習の授業で発表した。


 コロッケの中に入れるジャガイモを角切りにし、それをマッシュポテトで包み二つの食感を味わえるよう仕上げた。
 三島市が町おこしの一環として宣伝している「みしまコロッケ」の一種。地域活動に積極的に協力するため4月上旬から開発に取り組んだ。「みしま」の名前が付くコロッケは箱根西麓(せいろく)で栽培された名産メークインを使用したものに限られる。
みしまコロッケ 076.jpg
コロッケを揚げる学生