メニューの開閉

学部・大学院

国際関係 金谷ゼミがフェアに参加 みしまんじゅう550箱売る

 全国の大学が開発した食品を一堂に集めた「大学は美味しい!!」フェア(小学館主催)が6月11日から16日まで東京都内のデパートで開かれ、本学からは、国際関係学部の金谷尚知教授(NGO/NPO論)ゼミがプロデュースした「みしまんじゅう」など2品が販売された。「みしまんじゅう」は5日間で約550箱を売り上げた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

生物資源科 環境に関する講座 温暖化テーマに4氏語る

 生物資源科学部は神奈川県の藤沢市教育委員会と共催で「地球温暖化と市民生活」をテーマにした全4回の市民講座を6月7日から毎週土曜、同学部大講堂で開いている。すでに3講座が終わり、最終講座は28日に開かれる。

学部・大学院

リサーチャー・アワード  受賞者2人決定  鈴木准教授と高橋准教授

「日本大学リサーチャー・アワード」の第4回受賞者がこのほど決定した。授賞式はコロナ禍で行われず、賞状と記念品は各学部で受賞者へ贈呈される。 「社会連携部門」には危機管理学部の鈴木秀洋准教授(行政法・地方自治法)が、「受託 […]

学部・大学院

文理 理工 実験教室開く 目の錯覚楽しむコーナーに歓声も

 文理、理工の2学部で小中高生向けのイベントが相次いで催された。

学部・大学院

生物資源科  特殊なコムギを開発  地球温暖化の緩和に期待  

生物資源科学部の飛田哲教授(環境資源管理学)はこのほど、国際農林水産業研究センター、国際コムギ・トウモロコシ改良センター、スペイン・バスク大と共同で、温室効果ガスの削減につながる「硝化抑制(BNI)」という働きを持つコム […]