理工 大沢専任講師が論文奨励賞受賞

学部・大学院

2009.5.28 18:53

 社団法人日本都市計画学会が将来性、発展性のある優れた都市計画研究に贈る論文奨励賞に、理工学部の大沢昌玄専任講師(都市計画)の論文が選ばれた。授賞式は5月15日、東京都文京区の東京大学弥生講堂一条ホールで行われた。


 受賞論文は「土地区画整理事業の推進力に関する実証的研究」。日本の都市整備において重要な役割を果たしている「土地区画整理事業」を円滑に推進させる要因を分析。土地区画整理事業が法制化されて以降、実施された膨大な数の事業を調べ、その特性を施行者、資金計画などの観点から実証明に分析。日本の土地区画整理事業の成否にかかる推進力を分析するなど、その全容に迫った初めての研究として評価された。
 大沢専任講師は「都市計画で最も権威ある学会で受賞できて光栄だ」と話した。