メニューの開閉

学部・大学院

総科研 脳は秘密に反応する 泰羅教授の研究が米専門誌に

 大学院総合科学研究科の泰羅(たいら)雅登教授(神経生理学、認知神経科学)らの研究で「自分だけが知っている」と認識している事実を見聞きすると右脳の前頭葉がよく活動することが分かった。犯罪捜査などで心拍数の変化からうそを見抜くポリグラフ検査などと併用すれば効果が期待できる。研究の成果は米国の脳機能研究の専門誌「ニューロイメージ」2月号に掲載された。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

スキー体育大会 医が団体で連覇 本田が女子個人で総合優勝

 2008年度の本学体育大会スキー競技会(松岡祐樹実行委員長=生産工・建築工3)は3月1日から5日まで、新潟県妙高市の池の平温泉スキー場などで行われ、医学部が2年連続団体総合優勝した。男子団体総合は生産工学部、女子団体総 […]

学部・大学院

地中熱利用冷暖房システム 商業ベースで施工開始 工・再エネ研

工学部の再生可能エネルギーシステム研究室(再エネ研)は福島県内の企業などと開発を進めてきた浅部地中熱利用冷暖房システムをこのほど、福島市内のNPO施設への導入が決まった。

学部・大学院

国家試験合格者数 薬剤師合格率が大幅アップ

 ことしの獣医師、医師、歯科医師、看護師、歯科技工士、歯科衛生士、薬剤師の国家試験合格者数が発表され、本学は薬剤師の合格率が4年ぶりに90%台に達した。

学部・大学院

学生FDチャミット リモート授業の1年間議論 初のオンライン開催

2020年度の「日本大学 学生FD CHAmmiT(チャミット)」が昨年11月29日にオンラインで開催され教職員65人と学生175人が参加した。 「オンライン授業のミライのカタチ」をテーマに、授業の大半がリモートで行われ […]