商、国際関係学部の学生有志 アジア5カ国の少年野球で 通訳などのボランティア

学部・大学院

2008.10.3 20:47

 商、国際関係学部の学生たちが、8月下旬に静岡県伊豆市で行われた野球の国際大会「シダックスカップBFAアジア選手権」で通訳などのボランティアを引き受けた。


 同大会には、日本のほかアジア5カ国から16歳以下の少年の計6チームが出場。日本以外のチームを本学の学生1、2人が担当。8月24日から29日までの開会期間中、通訳をしたり日常生活の世話をした。大会の運営にかかわった学生は、グラウンド整備や場内アナウンスも担当した。
 運営担当として参加した国際関係学部の本田怜央さん(国際関係1)は「野球を通して各国の人とかかわれて貴重な経験ができた」と話した。