メニューの開閉

学部・大学院

理工 「飛行する種」の研究 安田教授のユニーク業績紹介 総合科学誌に掲載 

 羽を持つ植物の種子などの飛行メカニズムを研究している理工学部の安田邦男教授(航空工学)の研究が4月24日付の「ネイチャージャパン(電子版)」で紹介された。昆虫や翅果(しか)を持つ植物などの飛行を対象とするユニークさが評価された。「ネイチャー」は世界で最も権威のある総合科学誌の一つで、今回、同教授の研究を載せたのはアジア地域をカバーする「ネイチャーアジアパシフィック」の日本語版。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

理工 塚本専任講師が次世代デバイス実証 JST「さきがけ」に採択

 理工学部の塚本新専任講師(電磁気学)による「光とスピンの直接相互作用」に関する研究が、このほど科学技術振興機構(JST)の「さきがけ(戦略的創造研究推進事業・さきがけタイプ)」に採択された。

学部・大学院

ソフトテニス 2シーズンぶり優勝果たす 東都リーグで7戦全勝

 4月30日と5月1日に開催されたソフトテニスの東都大学春季リーグで、本学は7戦全勝で2シーズンぶりに優勝した。青学大との最終戦で、2番手の的場隆(文理・体育4)、田浦高紀(同2)組は的場の冷静なストロークが決まり4-1 […]

学部・大学院

―法―放送研 来場者の心打つ番組を制作

 法学部放送研究会(森井和宏委員長∥経営法3)は8月7日、東京都江東区の森下文化センターで夏の番組発表会を開催した。本学OBのほか他大学の放送サークルの学生ら約230人が訪れた。テーマは「BEEEEAT!!!!」。訪れた […]

学部・大学院

法 信夫教授が資料発見 日米の核持ち込み密約裏付け

 1969年の沖縄返還交渉の際、日米両首脳の間で核持ち込みの密約があったことを裏付ける資料を、法学部の信夫(しのぶ)隆司教授(国際政治学)が米国立公文書館で発見したことがこのほど明らかになった。当時の佐藤栄作首相の密使を […]