メニューの開閉

学部・大学院

総科研 泰羅教授らが研究発表 絵本で感情豊かな子どもに

 親に絵本を読んでもらっているときの子どもは、脳の喜怒哀楽を生み出す「大脳辺縁系」という部分が活発に動いていることが、大学院総合科学研究科の泰羅(たいら)雅登教授(神経生理学)らの研究で発表された。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

吹奏楽研究会が定期演奏会 1年間の集大成披露

 吹奏楽研究会(武琴乃主将=文理・中国語中国文化4)は9月22日、東京都新宿区の新宿文化センター大ホールで第58回定期演奏会を開催した。

学部・大学院

ディスプレイデザイン賞 八重樫さんが奨励賞 環境へのメッセージ込める

 大学院芸術学研究科の八重樫悠さん(博士前期課程1)が制作したディスプレー作品ミキモト本店の「SHELL CUBE」がこのほど「ディスプレイデザイン賞2008」で奨励賞を受賞した。

学部・大学院

理工 精細なホログラム再現 吉川教授らソフト開発 大日本印刷と共同で研究

 理工学部の吉川浩教授(光工学)はこのほど大日本印刷と共同で、平面なのに立体像が見えるホログラムをパソコン画面で確認しながら、製作を可能にする再生シミュレーションソフトを開発した。

学部・大学院

工 斎藤さん特別研究員 特殊コンクリート強度向上

 工学部の斎藤俊克さん(工学研究科博士後期課程3)がこのほど、日本学術振興会の特別研究員に選ばれた。ポーラスコンクリートと呼ばれる特殊なコンクリートの耐久性を高める研究が認められた。工学部で特別研究員に選ばれたのは、斎藤 […]