メニューの開閉

学部・大学院

工 水素製造簡易化に道 触媒を用いて低温化実現

 工学部の出村克宣教授(建築材料学)らと環境技術開発会社ライブニューはこのほど、特殊触媒を用いて比較的低い温度で従来よりも容易に水から水素を分離する方法を開発した。実用化されれば水素をより安価で製造できるようになる。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

理工、工 夢・化学21を催す 実験で化学の楽しさ教える

 中、高生らに化学の実験の楽しさを教える特別講座「夢・化学21」がこのほど、理工学部と工学部で開催された。いずれも産学4団体で構成する夢・化学21委員会との共催。

学部・大学院

能研 自演会で4演目発表 早稲田など6大学が参加

 能楽研究会(速見直記会長=経済・経済3)は10月4日、東京都の杉並能楽堂で行われた第49回関東観世流学生能楽連盟自演会に参加した。

学部・大学院

生物資源科 無毒ジャガイモに道 青木教授ら酵素遺伝子発見

 生物資源科学部の青木俊夫教授(植物科学)が参加した共同研究グループがこのほど、ジャガイモに含まれる「ステロイドグリコアルカロイド(SGA)」という有毒成分の生成に関わる酵素遺伝子「SSR2」を発見した。

学部・大学院

理工 建築模型展 全国の学生が制作 新国立競技場など100点並ぶ

 全国の学生が制作した建築模型を展示する「アーキニアリング・デザイン凱旋(がいせん)展2015in日本大学CST」が理工学部駿河台校舎で11月16日から来年1月27日まで開催されている。