メニューの開閉

学部・大学院

生物資源科 産学フォーラム参加 機能性ソーセージなど出品

神奈川県藤沢市などが共催する「湘南発! 産学交流テクニカルフォーラム」が昨年12月7、8日、藤沢産業センターで開催され、生物資源科学部のほか湘南工科大、文教大、慶応大、横浜国立大の計5大学が参加した。
 

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

理工 塚本専任講師が次世代デバイス実証 JST「さきがけ」に採択

 理工学部の塚本新専任講師(電磁気学)による「光とスピンの直接相互作用」に関する研究が、このほど科学技術振興機構(JST)の「さきがけ(戦略的創造研究推進事業・さきがけタイプ)」に採択された。

学部・大学院

弓道全日本学生 僅差で20年ぶり優勝逃す 平良、熊倉が皆中賞

弓道の全日本学生王座決定戦が11月20、21日に三重県の伊勢神宮弓道場で行われ、5年ぶりの出場を果たした本学男子は決勝戦で慶大に1点差で敗れ、20年ぶりの優勝を逃した。男子は4人ずつの2チーム8人がそれぞれ12射し、計9 […]

学部・大学院

法秋雄弁会 7大学の弁士が熱弁 桜門杯で社会問題を論ずる

法学部法秋雄弁会(酒井勇太幹事長=法・政治経済2)は10月3日、千葉市民会館で「桜門杯争奪全日本学生弁論大会」を開催した。本学のほか東京大、早稲田大など7大学の名門雄弁会から9人の弁士が出場し熱弁をふるった。 桜門杯は、 […]

学部・大学院

生産工 地域連携研究プロジェクト 米大教授が特別講演

 生産工学部は6月2日、地域連携研究プロジェクト記念講演会を津田沼校舎で開催、米コロンビア大のクリスチャン・マイヤー教授が「米国におけるコンクリート生産の持続可能性」と題して特別講演した。