メニューの開閉

学部・大学院

文理 絵から江戸を知る 切絵図など約60点を展示

 文理学部は昨年12月8日から24日まで、同学部資料館展示ホールで「江戸八百八町をあるく」展を開催した。同学部資料館と本学総合学術情報センターが所蔵する、江戸の様子を描いた切絵図や巻物など約60点が展示された。
 

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

国際関係 ミクロス 学生主体で就職相談 内定者が3年生に就活指南

 国際関係学部の学生と地域住民の交流を図るため昨年結成された団体「MEcross(ミクロス)」(須崎純史代表=国際総合政策4)がこのほど、就職活動を控えた3年生向けの相談会を開催した。

学部・大学院

芸術 山本さん最優秀賞 がん征圧ポスターで

 公益財団法人日本対がん協会が主催する第4回がん征圧ポスターデザインコンテストでこのほど、芸術学部デザイン学科2年山本沙羅さんの作品「身体のなかの悪いやつ」が最優秀賞を受賞した。

学部・大学院

芸術 高橋ゼミ生が快挙 製作した携帯アプリがダウンロード数6万件突破

 米アップル社の携帯電話「iPhone」向けに芸術学部文芸学科の学生が製作したアプリケーションがことし3月、同社が運営するアプリ配信サイトのダウンロード・ランキングで5日間トップを確保した。ダウンロード件数は既に6万件を […]

学部・大学院

生産工 低出力でコンクリート切断  工事現場で低騒音実験へ  永井教授らが世界初

生産工学部の永井香織教授(材料施工学)と建設機械器具レンタル会社の株式会社カナモト、FA(工場の自動化)機器提案会社の株式会社伊東商会の共同開発グループがこのほど、出力1㌔㍗のレーザー光で200㍉㍍のコンクリートスラブ厚 […]