芸術 銀座デザインコンペ受賞作 3作品が店頭飾る

学部・大学院

2007.12.21 15:58

 東京都銀座の著名店のショーケースを学生がデザインする「第5回銀座スペースデザイン・学生コンペティション」で3月に「企業賞」などに選ばれた3作品がこのほど、店頭で展示された。
 


 「銀座かねまつ賞」を受賞した「だからオンナは乾いてなんかいられない」は芸術学部の本橋里実さん(デザイン4)が制作。同店は女性のかばんや靴の専門店。作品は女性らしさを表現するため、植物のうねるさまをイメージし木板を紅白に彩色して仕上げた。同店本社前にある三井住友銀行のショーケースに9月29日から11月30日まで展示された。本橋さんは「展示に関して企業と話した際には意見の食い違いもあったが、無事銀座の人々に作品を見てもらえてうれしい」と話した。
 このほか「銀座賞」と「ギンザ・コマツ賞」を受賞した小林浩子さん(同)らの「glass age」、「ミキモト賞」を受賞した八重樫悠さん(同)の「SHELL CUBE」が各店頭で展示された。
DSC_0120.jpg
ショーケースに飾られた本橋さんの受賞作品