生産工 「夢・化学・21」開催 化学実験の楽しさ教える

学部・大学院

2007.11.30 17:22

 生産工学部は11月3日、小学生に化学の実験の楽しさを教える企画「夢・化学・21~理科教室への招待~」を同学部実籾校舎4号館化学実験棟で開催した。産学横断組織、夢・化学―21委員会との共催。


 千葉県習志野、船橋両市内の小学生と保護者計239人が参加、山川一三男准教授(化学)らが指導し、親子でろうそくやスライムなどを作った。
 参加した小学4年生の南部夏帆さんは「テレビで実験をよく見ていて楽しそうだと思い参加した。ろうそくをうまく作れた」と話した。父の尚二さんは「家族で実験を楽しんだ。またこういう機会があればいい」と話した。