メニューの開閉

学部・大学院

医 長尾准教授ら調査報告 心臓マッサージのみで効果

 医学部の長尾建准教授(救急医学)が班長を務める日本救急医学会関東地方会の研究班は、病院外で心停止した患者の蘇生を一般の人が試みる際、心臓マッサージのみで効果があり、人工呼吸は不要だという調査結果をまとめた。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

芸術 イグノーベル賞受賞装置 肥田教授らデザイン提供

 一風変わった発明や研究に贈られる「イグノーベル賞」。ことしの「化学賞」は国内のベンチャー企業が開発した、耳の聞こえない人にもわさびの匂いで火災の発生を伝える「わさび火災警報装置」に決定した。実は、この警報装置のデザイン […]

学部・大学院

芸術 「ゼミ誌」活性化狙い 第1回「金のたまご文学賞」

 芸術学部の日芸マスコミ研究会はこのほど、文芸学科の「ゼミ誌」に載った作品を対象に「金のたまご文学賞」を贈った。「ゼミ誌」掲載作を対象にした賞は初めてで、学生の創作意欲をかき立て、ゼミ誌の閲読率を向上させる狙いがある。

学部・大学院

全日本大学野球リーグ 国際関係、工学部が初出場

野球の第54回全日本大学選手権が6月7日から13日まで東京・神宮球場と東京ドームで行われた。本学からは国際関係学部と工学部の野球部が初めて出場した。1大学から2チームが出場したことは第29回大会の近大以来25年ぶり。

学部・大学院

枝肉格付競技 2部門で1位

 食肉の格付け技術を競う第10回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会が2月28日から3月2日まで、東京中央卸売市場食肉市場などで開催され、生物資源科学部動物資源科2年の武田粋唯さんが部分肉・精肉部門で1位に輝いた。