女子ラクロス “日本一への大挑戦” 初戦を前に近況リポート

学部・大学院

2007.10.10 16:43

ラクロスの第20回関東学生リーグ戦が8月18日から、東京都品川区の大井ふ頭中央海浜公園第二球技場などで始まった。


 昨秋のリーグ戦で創部初の1部昇格を果たした女子ラクロス部(堀倫子主将=商・商業4)は、初戦で昨季の関東王者・立教大に挑む。テーマは「日本一への大挑戦」。未知の領域でどこまで戦えるのか、リーグ戦に備える同部の近況をリポートする。
ラクロス10.jpg
「日本一」を目指しチーム一丸となって練習に打ち込む
チーム力強化
 ◇…「3強3弱」―。堀主将はAブロックの勢力図をこう表現した。もちろん、本学が「3弱」の一角を占めるのは承知の上だ。上位2校に与えられる決勝トーナメント出場権を得るためには東女体大、慶大、立教大の3強のうち、最低でも1校から勝ち星を挙げなければならない。すでに立教大は他の2強と対戦、2敗を喫して上位戦線から離脱した。初戦の相手はその立教大。本学の今後を占う上で大事な一戦となる。
(続きは本紙9月号へ)