メニューの開閉

学部・大学院

法 佐幸ゼミ 野外活動を指導 小学生とともに楽しむ

 佐幸信介准教授(情報メディア社会論)のゼミナール(荒木均代表=新聞3)は7月26日から28日まで、ボランティア団体「RICE」が福井県池田町で主催した「夏のネイチャー冒険隊合宿2007」に参加。他大学の学生スタッフら計24人とともに6班に分かれ小学3年生から6年生までの地元の子ども37人の野外活動などを指導した。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

法  萩生田経産大臣  政治の使命語る

法学部法秋雄弁会(玉置陸幹事長=政治経済2)は4月17日、同学部10号館で萩生田光一経済産業大臣を招いて講演会を開催、計150人が聴講した。萩生田大臣は自らが政治家を志したきっかけや今まで政治家として活動してきて実感した […]

学部・大学院

国際関係 山田顕喜講師が特別講義 番組制作の経験披露

 国際関係学部北口校舎の山田顕義ホールで6月25日、学祖のひ孫に当たる芸術学部の山田顕喜講師(1964年芸術卒)が「テレビドキュメンタリーと海外取材|日米欧を通して」と題し特別講義を行った。

学部・大学院

歯 細胞実験の簡易化器具 山口助手ら共同開発 NUBIC通じ特許出願

 培養細胞に一定幅で傷を付けるセルスクラッチと呼ばれる作業を大幅に簡易化できる器具を、歯学部の山口洋子助手(生化学)と大島光宏前専任講師(現・奥羽大薬学部教授)が開発した。

学部・大学院

医 光触媒でコロナを不活化 本学教授陣が成果

本学科学総合研究所の武井正美教授(医学部付属板橋病院血液膠原病内科)らの研究グループはこのほど、当時理化学研究所所属で、元本学上席客員研究員の間陽子博士(現東大特任教授)の指導の下、光触媒技術によって世界で初めて空気中に […]