NUBIC知財功労賞 特許庁長官表彰を受ける 技術移転活動を評価

学部・大学院

2007.6.28 15:50

 本学産官学連携知財センター(NUBIC)がこのほど、2007年度の知財功労賞の特許庁長官表彰を受けた。表彰式は4月18日に東京都千代田区のホテルで行われ、センター長を務める小嶋勝衛総長・理事長が出席した。


 知財功労賞は経済産業省と特許庁が「産業財産権制度」を有効活用した団体や個人に贈る賞で、経済産業大臣表彰と特許庁長官表彰がある。
 NUBICは1998年に国内で初めて大学の知的財産を特許化し、民間企業に技術移転を行う法人機関(TLO)として認定された。2004年には、技術移転活動を促進する「特定分野重点技術移転事業」に、私立大学として唯一採択された。こうした業績が今回、評価された。NUBICの1998年から2005年までの技術移転件数は158件に上り、年々実績を伸ばしている。