メニューの開閉

学部・大学院

工 坂野ゼミがロボコン出場へ

 工学部の坂野進教授(ロボット工学)のゼミナール(望月彰憲代表=機械工3)がこのほど、自作ロボットの性能を競う「NHK大学ロボコン」への出場を決めた。本学チームがロボコンに出場するのは6年ぶり。同コンテストは8月にベトナムで開かれる「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト」の代表選考会も兼ねており、坂野教授は「出る以上、優勝を狙う。わが方には秘密兵器もある。ぜひベトナムへ行きたい」と虎視眈々(たんたん)だ。  文=古田土 恵介 写真=メカトロニクス研究室提供
 

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

三井さん一日警察署長 交通安全呼び掛ける

リオ五輪のシンクロナイズドスイミングで、デュエット、チームともに銅メダルを獲得した三井梨紗子さん(大学院文学研究科博士前期課程1=東京シンクロ、ミキハウス)が9月11日、秋の交通安全運動の一環で警視庁本所署の一日警察署長 […]

学部・大学院

芸術 FMラジオ局で番組放送 高原の雰囲気を表現

 芸術学部放送学科3年生の17人がこのほど、授業の一環で新潟県十日町市珠川の「あてま高原」の自然を紹介するラジオ番組を制作。11月11日から17日まで同学部江古田校舎アートギャラリーに設けたミニFM局で公開した。

学部・大学院

経済 VRで大規模地震の体験も 自衛消防訓練を実施

経済学部は10月29日、自衛消防訓練を実施した。昨年はコロナ禍で行われなかったため、2年ぶりの開催。小梛治宣学部長のほか三崎祭実行委員や出店サークルやゼミの学生ら数十人が参加した。 例年は消火器を使った消火訓練のみだった […]

学部・大学院

板橋病院 巨人・杉内選手が慰問 闘病中の子どもたちと交流

 プロ野球の巨人の杉内俊哉選手(34)が昨年12月5日、医学部付属板橋病院の小児医療センターを訪問、闘病中の子どもたちとのキャッチボールなどを通して交流した。