メニューの開閉

学部・大学院

理工 ゴム球免震システム開発

理工学部の石丸辰治教授(振動工学・耐震工学)らは本学発のベンチャー企業「i2S2」を含めた6社との共同研究で、地震に対する建物の揺れを緩和する「ゴム球免震システム」を開発した。このシステムは、狭い敷地が多い日本の土地事情を考え、提案された

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

芸術 ミュシャの作品展 ポスター制作の過程も公開

 芸術学部デザイン学科は6月24日から7月25日まで、同学部江古田校舎の芸術資料館でアルフォンス・ミュシャ展を開催している。ミュシャはアールヌーボーを代表する芸術家で画家のほか彫刻家、ポスター作家としても知られている。

学部・大学院

理工 震災復興プロジェクト 7学科の研究ポスター展示

 理工学部が取り組む東日本大震災復興プロジェクトのポスター展示が4月26日から5月25日まで、千葉県習志野市内の百貨店で開催された。

学部・大学院

広告研 3大学合同の研究発表会 初の最優秀賞を受賞

 本学と法政大、早稲田大の広告研究会による第8回合同研究発表会「アドフェス」が7月12日、東京都千代田区の法政大学市ケ谷キャンパスで開催された。本学広告学研究会(木庭裕一郎会長=経済・産業経営3)から5チームが出場し、村 […]

学部・大学院

キックボクシング 3大会ぶり団体戦優勝 矢崎が最優秀選手に輝く

 キックボクシング部(金谷隆洋主将=経済・経済4)は6月17日、東京・後楽園ホールで行われた第66回全日本学生選手権(団体戦)で3大会ぶりに優勝した。また、バンタム級の矢崎壮登(文理・物理4)が最優秀選手賞を受賞した。