メニューの開閉

学部・大学院

3学部でシンポジウム開催

理工・文化遺産保護について
 理工学部は11月26日、12月5日に、同学部駿河台校舎で「アジアにおける文化遺産の情報集積と公開」をテーマにシンポジウムを開催した。これは2001年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業に選定された「文化遺産保護・修復プロジェクト」の一環。また、11月21日から26日まで同学部CSTホールオープンスペースで、同シンポジウムの内容に沿った写真などが展示された。
 初日の第1シンポジウムでは、アンコール遺跡国際調査団アンコール・ワット修復委員長を務める同学部の片桐正夫教授(建築史)が「アジアの国々が文化の面でうまく交流できていない」と現状を報告した。その後、片桐教授と共同で研究している、アンコール遺跡国際調査団長で上智大学の石澤良昭学長が「東南アジアの文化遺産を科学する」をテーマに基調講演。また、片桐教授ら5人による調査報告に基づき「アジア諸国における遺産の保存・活用について」をテーマにパネルディスカッションを行った。

(さらに…)

合わせて読みたい

学部・大学院

4付属専門学校で卒業式  163人が巣立つ

本学の4付属専門学校の卒業式が3月に相次いで行われ、計163人が卒業した。 医学部付属看護専門学校の卒業式は7日に同学部記念講堂で行われ、80人が巣立った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場の規模を縮小した開催と […]

学部・大学院

スケボー 二刀流で東京五輪へ挑戦 平野、国内大会3位

 スノーボード男子ハーフパイプで冬季五輪2大会連続銀メダルに輝いた平野歩夢(スポーツ科2=木下グループ)が、スケートボードでの東京五輪出場に向け好発進した。

学部・大学院

生物資源科 産学交流フォーラム参加 鈴木研究室に「来場者賞」

 神奈川県藤沢市などが主催する「湘南発! 産学交流テクニカルフォーラム」が昨年12月1、2日に藤沢産業センターで開催され、本学生物資源科学部の4グループが参加した。ほかに慶応大など4大学が参加、2日間で314人が来場した […]

学部・大学院

工 汚染土処理システムが完成 放射能除去の効率化を期待

 工学部の平山和雄教授(生命応用化学)と不動産・金融の持ち株会社であるEMCOMホールディングスが共同開発した「放射能汚染土壌の迅速除染処理システム」がこのほど完成。